がんで苦しむ人を一人でも減らすために、あなたのデザイン力を発揮してください

日本対がん協会は、9月の「がん征圧月間」に全国の自治体で“がん検診の受診”を呼びかけるポスターデザインを募集します。
いま、日本人の2人に1人が生涯に一度はがんを患い、年間で亡くなる人の3割ががんで亡くなっています。誰しもが、がんとかかわりのない暮らしを送ることが難しい時代です。しかし、早期に見つけて適切な治療を受けると、治るケースも少なくありません。そのカギは検診です。
国の勧める検診は、胃がん・肺がん・大腸がん・乳がん・子宮頸がんの5つ。ただ、その受診率は30~40%台と低く、男性の肺がんを除いては、国の目標50%に届いていないのが実情です。
日本対がん協会は昭和35年(1960年)から9月を「がん征圧月間」と提唱し、全国で検診の受診を呼びかけてきましたが、それでも受診率はなかなか上がりません。

一人ひとり、みんな誰かを大切に思い、誰かに大切に思われています。
あなたのデザインを通して伝えるメッセージが、そんな大切な人の命を守ります。

1. エントリー・作品募集期間

2019年12月23日(月)~ 2020年3月23日(月)

2. 募集内容

がんの早期発見の大切さを伝え、検診の受診を呼びかける作品

3. 作品テーマ 「がん検診に行こう」

「がん検診に行こう」
※※ ただし、特定のがん(「乳がん」「肺がん」など)のみを言及するのは避けること。

4. 応募資格

高校生・大学生・大学院生・短大生・専門学校生
※グループでの応募も可能(ただし、メンバー全員が応募資格を有していること)
※1人もしくは1グループで複数応募可能。

5. 審査員 8名(敬称略・50音順)

粟辻美早(グラフィックデザイナー)
猪股研次(厚生労働省健康局がん・疾病対策課課長補佐)
岸田 徹(NPO法人がんノート代表理事)
後藤尚雄(公益財団法人日本対がん協会理事長)
中川恵一(東京大学医学部附属病院放射線科准教授)
廣村正彰(グラフィックデザイナー)
本田 亮(クリエイティブディレクター)
本多昭彦(公益財団法人日本対がん協会広報グループマネジャー)

6. 贈賞

最優秀賞:1点 優秀賞:3点

最優秀賞作品は、9月のがん征圧月間をアピールするためのポスターとして活用します。
ポスターは5万部ほど制作し、全国の自治体、保健所、病院などで掲示、活用されます。
副賞として賞金10万円を贈呈します。優秀賞には副賞として賞金1万円を贈呈します。

7. 作品の形式

・ポスターの応募サイズは、B2版印刷を前提としたタテサイズ(2MB以内)。
・B2版でのデザインの下部6cm以下は空白にすること。
・デザインのどこかに、日本対がん協会のロゴマークと以下、枠内の文言を入れること。
・ロゴマークはガイドラインに沿って使用すること。
・文言は、以下のような2行組み、もしくは1行組みとし、文字フォント及びサイズは自由。

9月、がん征圧月間
全国大会 2020.9.18 宮崎市

・デザインには、この他に自分で考えたコピーを入れてもよい。
・下記のリンクはこれまでの受賞作品です

8. 応募の流れ

[エントリー]

・コンテスト公式サイトのエントリーフォームからエントリーすること。

・エントリー後、エントリーNo.を付与するメールを受け取り、メールに記載のURLから、応募用紙・日本対がん協会のロゴマーク等、応募に必要なデータを入手すること。

※複数作品応募の場合、1作品ごとにエントリーNo.を取得すること。

[応募]

・電子データまたは郵送での応募とすること。直接の作品持込は受理不可。
・複数作品応募の場合は、1作品ごとのエントリーNo.で応募用紙を作成すること。
※作品の到着に関するお問い合わせはお受けできません。余裕を持って応募してください。

■電子データでの応募について

・指定の応募用紙(Excelファイル)と、作品(B2版印刷を前提としたタテサイズ、PDFファイル2MB以内)を、エントリー後に通知する≪電子データ応募先≫に送付すること。

・複数作品応募の場合には、エントリーNo.ごとに応募すること。
・件名およびPDFファイル名は、エントリーNo.(半角)_作品名にすること。
 例)「エントリーNo.222、作品名:小さな危険」の場合
 件名およびPDFファイル名:222_小さな危険

■電子データ応募先

応募〆切:2020年3月23日(月)23:59
エントリー後に通知する、応募用メールアドレス。

■郵送での応募について

・指定の応募用紙(複写可・但し、原寸A4サイズ)と作品(B2版用紙)を下記≪郵送応募先≫に郵送すること。

・ポスター化された場合を想定して、作品に折り目が付かない方法で郵送すること。

・郵送で複数作品応募の場合には、作品裏面下部にエントリーNo._作品名を記載すること。

■郵送応募先

応募〆切:2020年3月23日(月)消印有効
〒104-0061 東京都中央区銀座7-16-12 G-7ビルディング9階
公益財団法人日本対がん協会「がん征圧ポスターデザインコンテスト事務局」宛

注意事項

下記の注意事項に同意のうえでご応募ください。
・ がん患者の方および関係者の気持ちにご配慮ください。
・ 未発表のオリジナル作品に限ります。今後、他のコンクール等に提案予定の作品についても応募できません。
・ 第三者の知的財産権を侵害する疑いのある作品については、選考後であっても受賞を取り消します。
・ 作品及び応募形式が守られていない場合、応募を無効とすることがあります。
・ 応募作品の著作権は制作者に帰属します。
・ 入賞作品の使用権は、主催者である日本対がん協会に帰属します。
・ 日本対がん協会が最優秀賞作品を広告などに使用する場合、原則として使用料は発生しません。
・ 乳房の露出など、公共の場での使用が難しい作品は医療機関等で掲出することができないため、ポスター化対象作品として選出されません。予めご了承ください。
・ 公表の審査結果以外の、審査状況や審査結果に関するお問い合わせには応じられません。
・ 応募作品は返却しません。
・ 応募に際してご記入いただいた個人情報は日本対がん協会が当協会のプライバシーポリシーに沿って管理し、本コンテストの審査のみに利用します。但し、次年度以降のポスターコンテストのご案内に利用させていただく場合があります。
・ 入賞作品については医療監修を行います。

※エントリー開始は12月23日からになります。

主催・問い合わせ先
公益財団法人 日本対がん協会
がん征圧ポスターデザインコンテスト事務局
広報担当 本多・渡辺
03-3541-4771(代表)
〒104-0061 東京都中央区銀座7-16-12 G-7ビルディング9階